〇〇とは?という皆の疑問を解決します。

うつとセロトニン

『うつ病』は「心の風邪」とも言われていて、誰もがわずらう可能性のある、特に珍しくない病気です。

『うつ病』の原因は、医学的にはまだはっきりとは分かっていないのですが、「神経損傷説」「病前性格説」「薬物およびアルコール原因説」「ライフイベント・社会的要因説」「扁桃体の興奮説」「グルタミン酸仮説」「モノアミン仮説」など、様々な仮説が立てられています。

その中でも近年注目されているのが、「モノアミン仮説」から派生した『セロトニン仮説』。

哀しくも自死を遂げられてしまった方の脳内で、セロトニンの量が数値にもはっきりと現れるほどに少なくなっていたことや、脳内でセロトニンを増やす働きをする『SSRI』という薬を投与すると、うつ病の状態が改善することなどから、『セロトニン仮説』がよく取り上げられるようになりました。

ですが、その前段階である「なぜセロトニンが減少するのか」「うつ病の原因はそもそも何か」という部分はまだ特定されてはいません。

うつ病の治療薬『SSRI』を服用していると、その間は脳内のセロトニン量を高いレベルで保つことが出来ますが、服用をやめると元に戻ってしまうので、医師の指示通りに薬を飲み続けることが肝要です。

「重度うつ病」の場合、外に出ることも難しく、何かをしたいという気持ちすら湧かなくなってしまいますから、長期の休養を取ったり、離職したり、住居を変えたりなどの根本的な対策が必要となります。

比較的活動がしやすい「軽度うつ病」の場合は、朝に太陽の光を浴びたり日中に軽い運動をしたりするなど、簡単な方法で改善する可能性もあるので、ぜひ生活習慣の改善を試みていただきたいところです。


関連記事

カテゴリー