〇〇とは?という皆の疑問を解決します。

お酢の原料は何?

お酢(食酢)の原料となるものは、数百種類もあると言われています。
一般的に家庭でよく使われているのは、小麦やトウモロコシなどが原料の穀物酢かと思います。
さっぱり・すっきりとした味が特徴で、どんな料理とも相性が良いので重宝します。
穀物酢と並んで、よく見掛けるのは米酢です。
米も穀物ではありますが、特に日本独特の醸造酢であり、コクとまろやかな味で和食との相性がピッタリです。
また米や麦などを原料にして発酵し、熟成させたものが黒酢になります。

他には果実酢があります。
日本のスーパーで見掛けるのが、リンゴ酢やブドウ酢です。
フルーティーな味なので、ドレッシングやドリンクビネガーとしても人気があります。
またブドウが原料のバルサミコ酢は、イタリア料理などでよく使われていますが、ブドウの果汁を煮詰めたものを樽で熟成させたものです。
洋食にはもちろん意外に和食にも合うので人気があります。

他にもミカンやパイナップル、ココナッツなども原料になります。
お酢はお酒と同じように作り、発酵させて作るので、糖質を含む原料ならお酢が出来るのですね。

食酢にはこれらの醸造酢の他に、氷酢酸や酢酸を希釈したものに調味料などを加えた「合成酢」と呼ばれるものもあります。


関連記事

カテゴリー