スカルプシャンプーの違い

スカルプシャンプーは普通のシャンプーとは違って何か特別な感じがしますが、何が違うのか御存知でしょうか。
普通のシャンプーは値段も安価なものが多く、コマーシャルでよく見るものが多いかと思います。
コマーシャルの美しい髪の女優さんやモデルさんを見ていると、本当にあんなにキレイな髪になりたいと、つい試してみたくなるでしょうね。
普通のシャンプーは実際に髪の毛をキレイにする目的のものが多いです。
使い心地も大変泡立ちが良く、洗った後は頭皮もスッキリしたようで、良いシャンプーだと思っている方もいらっしゃるかと思います。
しかし安価なシャンプーの洗浄成分は、頭皮や髪に悪いとされている石油系のものが殆どです。
また最近ではノンシリコンのシャンプーも増えてきましたが、未だにシリコン入りのものも多く、髪に艶を与える効果はあっても頭皮には良いものではなく、毛穴を詰まらせてしまい頭皮環境を悪化させると言われています。

スカルプシャンプーは頭皮の環境を整えるためのシャンプーですから、多くは頭皮に良い成分で出来ています。
スカルプシャンプーはアミノ酸系ノンシリコンが主流のようです。
石鹸系のシャンプーも頭皮には悪い成分ではありませんが、髪がゴワ付くというデメリットがあり、避けられる方も多いと思われます。
アミノ酸系は泡立ちは悪いと感じるかもしれませんが、正しい洗い方をマスターすれば、きちんと洗うことが出来ますし、皮脂を取り過ぎないので頭皮環境を正常化することが出来るのです。

またスカルプシャンプーと普通のシャンプーは、とにかく価格に大きな差があります。
それはやはり成分の違いでコストがかかっているため、10倍以上の開きがあるものも少なくありません。