〇〇とは?という皆の疑問を解決します。

セロトニンが不足すると?

脳内のセロトニンが不足すると、様々な症状が心や体に現れます。

・すぐにイライラしてしまったり、緊張しやすくなったりと、ちょっとしたことで心のコントロールが出来なくなってしまう。

・落ち込みからいつまでも回復することができず、鬱っぽくなってしまう。

・お酒やタバコを摂取しないと落ち付いていられない、必要のない買い物をどんどんしてしまう、ネットやゲームがやめられない、などの依存症のような状態に。

・寝付きが悪くなる、夜中何度も目が覚めてしまう、などの不眠症状。

・朝、体がだるくてなかなかベッドから抜け出せない、無理に起きても、体が怠くてハキハキと動けない。

・体を真っ直ぐに保つのが難しく、姿勢が悪くなって、表情もいつも疲れたようになってしまう。

・自律神経の働きが崩れ、冷え性・便秘・下痢などの症状が出る。

・痛みの刺激に弱くなる。

などなど。
セロトニンが不足した状態が長く続くと、どんどん心の状態や体調が悪くなっていって、今度は本当の病気になってしまう可能性もあります。

そうなってしまう前に、適度な休息と睡眠を取り、バランスの良い食事と日光浴、そして適度な軽い運動を毎日の生活の中に取り入れていきたいものですね。

とはいっても、今の時代、毎日本当に忙しく将来も不安で、ゆっくり休んでいる暇もありません。
そんな中でも「これは自分の責任」「自分がやらなければいけないこと」と思い込んでいたものをひとつやめるだけで、ストレスが軽減されることもあります。

「自分はまだまだ全然頑張ってない」なんて思わず、生活していくだけで大変な毎日での頑張りを素直に認めて、自分に一番優しくしてあげることも、時には必要ですよね。


関連記事

カテゴリー