〇〇とは?という皆の疑問を解決します。

セロトニンとは?

私たちの体の中にあるセロトニンには、腸内で合成され腸の蠕動運動なとに作用する『腸内セロトニン』と、腸内から血液中の血小板に取り込まれ、血液を凝固させたり血管を収縮させたりする働きをする『血液中のセロトニン』、そして脳幹部分で合成される神経伝達物質の『脳内セロトニン』があります。

腸内で生成される『腸内セロトニン』は、その分泌量が少なすぎると便秘になり、多すぎるとお腹を下してしまうという感じに、結構分かり易く働いています。
その一部が血液中に取り込まれると、今度は血液を固めたり、血管を収縮させたり、脳の血管の収縮を調節したり、といった働きをするようになるのですが、これが時には偏頭痛の原因になることも。

この、腸内で作られた『腸内セロトニン』は血液によって脳の血管までは届くのですが、そこから先、脳内のニューロンには直接は届きません。
そこで、神経伝達物質である『脳内セロトニン』が、脳の内部にある脳幹の縫線核というところで合成されます。

脳内で生成された『脳内セロトニン』はホルモンとしても働きながら、人体の様々な生理機能に関与し、睡眠や体温調節、神経内分泌や生体リズムに作用したり、また、気分障害や統合失調症、薬物依存などの病気などにも関わりを持ったりしています。

神経伝達物質には、快感を増幅させる『ドーパミン』や、神経を興奮させる『ノルアドレナリン』などがありますが、『脳内セロトニン』がそれらをコントロールして精神を安定させる働きをしたりもします。


関連記事

カテゴリー