〇〇とは?という皆の疑問を解決します。

セロトニンとダイエット

美容のためにも健康のためにも、常に気になる『ダイエット』。
このダイエットにもセロトニンは関係しています。

脳内でセロトニンの量が減少すると、ストレス状態やうつ状態がなかなか緩和されず、不安が強くなり、それを紛らわそうと必要以上の快楽を求めてしまったりすることがあります。

それでついついやってしまうのが「ドカ食い」。

「頑張っている自分へのご褒美」として毎日甘いものを複数買い込み、すっかり食べきってしまった、なんてこと、結構ありますよね。
セロトニンの量が減少し、「快楽ホルモン」と呼ばれている『ドーパミン』をコントロールしづらくなると、脳は楽しいこと、夢中になれることをし続けようとします。

お腹がキツくなっても胃がもたれても、太ってしまうと分かっていても、「分かってるけどやめられない」「この状態が楽しい」というランナーズハイのような感じになって、体に悪いことでもどんどんやってしまうんですよね。

また、イライラを落ち着けようとついガツガツ食べてしまったり、「しっかり食べないと体力負けする!」と食事の回数を増やしてしまう、なんてことも。
こちらも、セロトニンが減少して「興奮ホルモン」と呼ばれている『ノルアドレナリン』がコントロールしづらくなると起こりがちになります。

こんな状態になってしまったら、それはかなりストレスが溜まっている証拠。
「今、頭の中のセロトニンがすごく減ってるな」と自分に赤信号を出して、休息を取ったり睡眠を増やしたり、ダイエットのためにも健康のためにも、セロトニンを増やす生活を少しずつ取り戻していきたいですね。


関連記事

カテゴリー