セロトニンの効果

『セロトニン』が脳内で安定して供給されることで、心や体にどんな効果をもたらすでしょうか。

心に対しては、『セロトニン』がしっかり生成されることによって、攻撃性を高める『ノルアドレナリン』や快楽を求める『ドーパミン』などの脳内ホルモンをコントロールし、精神を安定させる効果があります。
ストレスによる突発的な感情の動きを抑える、欲求不満による衝動的な行動や依存症を抑制するなど、心の激しい動きに上手に対処できるようになる、という感じですね。

身体的には、「痛みを抑制する効果」がセロトニンにはあるとされています。
年齢を経ると共にセロトニンの量は減少しますが、それに伴って原因不明の疼痛などが現れることも。
『線維筋痛症』などの病気にも、セロトニンが深く関係しているのでは、と言われています。

また、セロトニンが程良く分泌されることで、姿勢が良くなったり、表情が豊かになったり、という効果もあります。
セロトニンは特に、体幹と呼ばれる体の中心の筋肉に働いており、分泌が減少すると背筋を真っ直ぐに保っていること自体が辛くなって、気が付けばぐんにゃりとした猫背姿になってしまっていた、なんてことも。

さらに、セロトニンは毎日の睡眠や生活リズムにも深く関係しています。
朝の強い光を網膜がキャッチすると、それを切っ掛けに脳内でセロトニンが分泌され始めますが、これらを日光浴や運動、食事等でしっかり刺激してさらに活性化させます。
そうすることで、夜にはセロトニンを作り出す神経がスムーズに休息に入り、入れ替わりに睡眠ホルモンである『メラトニン』が分泌される、というリズムが作られ、毎日快眠、朝はすっきり起きられるようになります。