セロトニンを増やす食品

『セロトニン』を増やすために睡眠をしっかり取ったり、日光浴や運動をすることもとても大切ですが、神経伝達物質の元になる毎日の食事にも是非とも気を遣いたいところ。

『セロトニン』は、タンパク質に多く含まれる必須アミノ酸の「トリプトファン」から作られますが、それ以外にも、生成の際に使われる「ビタミンB6」や、トリプトファンを脳内に運んだり、セロトニン神経を活性化させてくれる「炭水化物」なども必要になります。

『トリプトファン』が多く含まれる食品は、まず肉類・魚類。
肉類なら牛レバーや豚ロース、鶏むね肉や鶏もも肉に多く含まれています。
魚類では、すじこやたらこ、カツオやクロマグロなどの赤身の魚に豊富で、肉類よりも多くトリプトファンが含まれるものも。

乳製品では、牛乳やヨーグルトなどよりも、ナチュラルチーズやプロセスチーズに多く含まれます。
豆類もなかなかにトリプトファンが豊富。
大豆を原料とした油揚げや納豆、ゴマ、アーモンド等のナッツ類に多く含まれています。

『ビタミンB6』は魚類や牛レバー、豚肉などに多いですね。
特に、イワシやサバ、サンマやアジなどの青身の魚には、血液をサラサラにする物質が豊富に含まれていますので、血流が良くなり必要な栄養素が脳に届きやすくなります。

『炭水化物』は、ごはんやパン、麺類など。
トリプトファンを脳内に運ぶためにも、炭水化物は必須です。
材料が届かないとセロトニンが生成されないからなのですが、実は、炭水化物には思いのほか「トリプトファン」が多く含まれていて、まさに一石二鳥の食材。
炭水化物を取らないダイエット法なども流行っていますが、出来れば積極的に毎日の食事に取り入れたいですね。