〇〇とは?という皆の疑問を解決します。

不眠とセロトニン

セロトニンの量が脳内で減ってしまうと、不眠症などの睡眠障害に陥ってしまうこともあります。

セロトニンは「睡眠ホルモン」と呼ばれている『メラトニン』の元にもなるものなのですが、原材料であるセロトニンが減ってしまえば、当然メラトニンが生成される量も少なくなります。
セロトニンの不足はそのままメラトニンの不足に繋がって、不眠症の原因になってしまう、というわけですね。

セロトニンは朝、太陽光が差してくると、網膜がその光信号を受けて脳を刺激し分泌され始めます。
日中はセロトニンが交感神経を刺激して、心や体の活動を活発にさせますが、時間が経過して夕方くらいになると徐々に分泌量が減っていき、入れ替わりに今度はメラトニンが分泌されように。
メラトニンは副交感神経を優位にするので、心も体も活動を緩めていき、段々と眠りへの準備が始まります。

ところが、毎日のストレスや無理なダイエットによる栄養不足、デスクワークによる太陽光不足や運動不足などで脳内のセロトニンが減ってしまうと、それに準じてメラトニンの量も減り、体も脳もスムーズに睡眠に入れなくなります。

ひどい時には「朝になっても全然眠った気がしない」という状態に。
そうなるともう、悪循環の始まりです。

不眠はうつ病の原因にもなりますので、早め早めに解消しておきたいところ。
でも、医師に睡眠導入剤を処方してもらう程ではないと思うし、少し不安もあるし……。

そんな時は、セロトニンの材料になるトリプトファンが多く含まれる食事を心掛けたり、午前中の光を浴びながら軽い運動をしてみると、不眠に対して効果的です。
また、不眠解消を目的としたトリプトファンやセロトニンを増やすサプリメントを利用してみるのもひとつの手段となります。


関連記事

カテゴリー