晴れの日はセロトニンが増える?

セロトニンを増やす方法は色々ありますが、その中でも特に簡単に出来るのが『日光浴』です。

夜間、眠っている人の脳内では、副交感神経を優位にし、心と体を落ち着かせる睡眠ホルモン『メラトニン』が分泌されています。
そのメラトニンから、交感神経を優位にして脳を活性化させ、心身の活発な活動を促す『セロトニン』への分泌に切り替わるスイッチとなるのが、夜明けと共に差してくる『太陽光』。

セロトニンの分泌を促すには2,500ルクス以上の明るさが必要になりますが、室内の照明は明るいものでも大体500~700ルクス程度で、セロトニンを増やす助けにはなりません。

ところが、昼間の太陽光の強さは人工の照明とは桁違い。
快晴時には100,000~120,000ルクス。
雲が少しある晴天時には50,000~100,000ルクス。
雲が空を覆っている曇りの日でも10,000~50,000ルクス。
雨が降っている時でさえ、5,000~20,000ルクスほどの光が降り注いでいます。

「晴れている日」は当然のことながら、曇りの日でも雨の日でも、日中に自然光を浴びていれば、それだけでセロトニンが増える、ということになりますね。
また、重要なのは「充分な明るさ」と「光の信号を受けること」なので、窓越しの光でも、日焼け止めを塗っていても問題ありません。

太陽光の明るさは季節や時間帯によっても違ってきますが、大体午前7時から午後3時くらいまでなら充分な光量を得られると思います。

ですが生活のリズムを整えるためにもやはり、朝の起床後すぐに太陽の光を浴びたいもの。
寝る前にカーテンを少し開けておいて、寝室に朝の光が入るようにしておくといいかもしれませんね。