美顔ローラーの副作用

美顔ローラーの『副作用』。
そんな言葉を耳にしちゃうと、美顔ローラーを使うのがほんのちょっぴりですが、怖くなってしまいますよね。

でも、本当にそんなものがあるの?
はい、残念ながら……。

それは「美顔ローラーを肌が乾燥した状態で使うと、ひどく肌を傷めてしまう可能性がある(のでご注意くださいね!)」ということです。
摩擦や刺激は適度には必要なものですが、でも、顔の繊細なお肌をガシガシこするのは当然ながら美肌作りとはほど遠い行為、まったくの逆効果になってしまいます。

美顔ローラーを使うときはジェルやローションなどを肌に馴染ませて、しっかり保湿した状態でマッサージを行いましょう。

また、早く効果を実感したいからと頑張りすぎてしまうのも、『副作用』を生む結果となってしまいます。
肌は過剰な刺激を受けるとメラニンを生成したり、皮膚を厚くして自分の体を守ろうとするもの。

ですから、美顔ローラーを1日に100回も200回もコロコロするのは、これもまた逆効果。
デコルテや首筋、あごのライン、頬からこめかみ、目尻から耳元、眉間から生え際へ……と、コロコロスポットはいくつもありますが、1箇所あたり大体50回くらいまでを目安にしてローラーをかけると良いようです。
それも、あくまで優しく、強くかけ過ぎないように気をつけてくださいね。

それから、金属アレルギーをお持ち方は、美顔ローラーに使用されている金属をよくお確かめになってからご購入ください。

美顔ローラを使うときは、就寝前のリラックスした時間帯に使用し、出来れば入浴後など、肌が温かくなっている状態のときが一番効果があります。
1日の終わりにほんのちょっとの時間、肌に負担のない範囲で回数を決めて、いたわるように優しくコロコロしてあげてくださいね。