〇〇とは?という皆の疑問を解決します。

酵素と便秘

体内で作られる潜在酵素というのは「消化酵素」と「代謝酵素」の素になっているのですが、実は消化酵素に優先的に使われています。
その余った分が代謝酵素に回る訳ですが、基になる体内の酵素が少ないと、消化酵素でさえも足りなくなってきます。
胃腸に負担になるような消化の悪い食べ物ばかり食べていると、大量に消化酵素が使われてしまい、代謝酵素が減少し病気にもなります。病気で代謝酵素が沢山使われると、更に消化酵素も減り胃腸の調子も悪くなります。
酵素は人間の体にとって、とても重要な役割をしていることが分かります。

酵素不足で胃腸の働きが悪くなったことで、便秘で悩む方も多いかと思います。
体内で作られる酵素は量が決まっていて、年齢とともに減少してしまうので、食事から積極的に摂ることがおススメです。
生の野菜や果物には食物酵素が豊富に含まれています。
消化の悪い肉などと一緒に食べると消化を助けてくれるものもあるので、体内酵素を節約することが出来ます。
また野菜や果物は食物繊維も豊富なので便秘解消には一石二鳥かと思います。
生の野菜や果物以外にも発酵食品や魚の刺身など、酵素が豊富に含まれている食材があります。

胃腸の働きが良くなり便秘が解消されると、美肌にもなり体全体の調子も良くなります。
不足している酵素を補うことで、消化酵素に使われる酵素が節約され、余裕が出来た酵素を代謝酵素に回すことが出来るんですね。


関連記事

カテゴリー