酵素と病気の関係

酵素が不足すると多くの病気を引き起こすと言われています。
食生活など生活習慣の乱れは酵素を浪費してしまい、代謝酵素が足りなくなり免疫力が低下します。それによって病気にかかりやすくなります。

人間の体の営みは食べ物を食べて消化し、吸収することにより成り立っています。それには消化酵素や代謝酵素が必要不可欠です。
酵素は運動機能や心臓・脳・内臓などの働きに必要で、生命を維持するためには無くてはならないものなのです。

近年では生活習慣病にかかる人の割合が増えていると言われています。
ストレスが多い社会の中で食生活の乱れや睡眠不足などで、体内の酵素が多く消費されてしまうのです。
実は酵素不足が生活習慣病の原因ともされています。

生活習慣病と呼ばれている病気の初期症状のうちに、酵素をしっかり摂るように心掛けると改善することが多いとされています。
そのまま酵素不足を放置していると、糖尿病や肝臓病、さらには癌にも発展するかもしれません。

疲れやすい、肌荒れがする、便秘、胃腸の調子が悪い、低体温、便や尿が臭うなどの症状がある方は、酵素不足の可能性があります。
消化酵素が少ないと食べたものが消化されにくくなり、胃腸の働きも減退します。
また代謝酵素が不足すれば、代謝が悪くなり熱エネルギーを作りだすことが出来なくなり、体温も下がりますし血流も悪くなります。

これらの病気になる一歩手前のうちに、食事などで積極的に酵素を摂るようにしたり、酵素を浪費しないような生活習慣の改善をしてみてはいかがでしょうか。

酵素不足は万病の元なのです。