酵素の種類

酵素は体内で作られる「潜在酵素(体内酵素)」と「食物酵素」の2つがあります。
その潜在酵素から「消化酵素」と「代謝酵素」が生成されます。

「消化酵素」は食べた物を消化し吸収しやすくする働きがあり、唾液や胃液・膵液など消化器に存在します。
「代謝酵素」は吸収された栄養素をエネルギーに変える働きがあり、体中の様々な部分で活躍しています。
代謝酵素は心臓を動かしたり血液を流したり、呼吸や脳の思考などに使われていて、代謝酵素がないと生命を維持することが出来ません。
よくダイエットには基礎代謝を上げることが良いとされていますが、これも代謝酵素が不足すると上手く行きません。また脂肪を分解したり、細胞の新陳代謝や免疫力向上など、多くの働きをしている重要な酵素です。

一生のうちに体内で作られる潜在酵素の量は、遺伝子的に決まっているそうです。
足りないからと言って次々に作られるということではありません。
基本的に体内の酵素は消化酵素に優先的に使われてしまうので、全体量が少ないと代謝酵素に回る酵素が足りなくなってしまいます。
潜在酵素は年齢とともに減少すると言われているため、40代を過ぎた辺りから体調を崩してしまう方も増えてきます。

そこで体の外から積極的に補う必要が出てきます。
それを「食物酵素」といい、生の食物や発酵食品から摂ることが出来ます。
酵素は熱に弱いため、生で食べないと意味がありません。
肉や魚にも生の状態では酵素が存在しますが、過熱してしまうと酵素が無くなってしまいます。
生で食べられる野菜や果物・刺身などを、普段の食事に増やすと良いですね。