〇〇とは?という皆の疑問を解決します。

Uber(ウーバー)、UberEATS(ウーバーイーツ)って何?

■Uber(ウーバー)って?

Uberとは、最近話題のアメリカ生まれのサービスです。
具体的にはスマホのアプリを使って、ハイヤーを呼ぶことができ
その便利さから注目されています。

アプリで迎えに来てほしい場所を設定するだけで何分後に到着するかが表示され、その場所まで迎えに来てくれます。
事前に目的地を設定できるので、タクシーで面倒な場所のやり取りなども不要です。
料金は

開始料金:103円 距離1kmにつき308円
最低料金:800円

と、良心価格です。
送迎料金など考えると、使い方によってはUberの方がお得になります。

また、車種もハイグレードなものが多く。
タクシーではあまり見ない、レクサスやBMWなどにも乗車する事が出来ます。

支払いは、事前に登録したクレジットカードから引き落とされるので、タクシーと違い小銭での支払いは必要ありません。

■Uberのおすすめの使い方

ちょっぴりおしゃれに彼女の家まで送迎車が。。

事前に、出発と目的が決められ、しかも料金はクレジットカードでの支払いになりますので、自分が行かなくても彼女の家まで送迎車を。。なんてことも可能ですね!

また、招待のお客さんなどもUberを向かわせれば、きっとあなたに注目してくれるでしょう。





■Uberならあなたもすぐドライバーになれる?

ホームページから簡単にドライバー登録が可能です。
登録すると専用のアプリが搭載されたスマホが至急されて、Uberのドライバーを始める事ができます。

自家用車さえあれば、すぐにUberドライバーになってビジネスを始める事が出来るわけです。

しかし、問題点があります。。。

■Uberに問題点が

Uberですが、現在日本の法律(2016年現在)では、Uberの真骨頂である「Uber X」というサービスが白タク扱いとされ、日本では認められていません。

実際に福岡でみんなのUberという名称で2015年2月から試験的に運用されましたが、わずか1カ月で国土交通省から始動を受け、サービスを中止させています。

ですが、Uber自体はすでに世界各地で展開されており、今後の日本の法律でも何かしらの動きがあるかもしれません。

■さらに新サービスUberEATSが始まりました

Uberのサービスはハイヤーのサービスだけではありません、UberEATSというサービスを2016年9月より開始しました。

UberEATSは、新しいフードデリバリーサービスで、専用アプリで注文するとダルマットや宗胡、クリスピー・クリーム・ドーナツといったレストランのメニューから好きなものを配達依頼が出来るのです。

実際に配達するのはメンバーに登録された配達員で、Uberと同じような仕組みで配達員登録する事が可能です。

■問題点

現在、一部地域のみでしか提供されていません。
ですが、どんどんと地域を拡大しているので、出前館などのデリバリーサービスを脅かす存在になるかもしれません。


関連記事

カテゴリー