退職届・退職願の書き方・マナー・時期など

当ページをご覧いただき、ありがとうございます。
当ページでは転職や、起業の際勤務されている会社に必ず提出しなければいけない退職届や、退職願の書き方を解説しています。

■退職届・退職願の書き方

まずはじめに、退職届はご存知の通り自分が今勤務している会社を辞める際提出する書類の事です。
ですが、いざ書いてみようとなると実際にはどう書いていいのか非常に悩む場合もあります。
このページでは、正しい退職届の書き方を解説します。

■退職届と退職願の違い

退職届は、退職の意思を一方的に伝えるもの。

退職願は、退職の意思を伝え、会社側に承認を依頼するもの。

上記2つの違いは、退職届は撤回はできません。
退職願の場合は、撤回が可能です。

また、退職願の場合は一方的な意思ではないので、円満に辞めたい時などには退職願を提出しましょう。

■退職届・退職願はパソコン?手書き?

まず、何で書けばしいのか?というところですが。
正直、これだけパソコンが普及している現代、手書きではなくパソコンで書くケースもあるようです。
しかし、今までお世話になった会社。
立つ鳥跡を濁さず。という言葉もある通り、今までお世話になった感謝の意味も込め手書きで用意する方が賢明かと思います。

年配の方など、こういった事を気にする人もいるので余計な問題は起こさないほうがいいでしょう。

■退職届・退職願を出す時期、タイミングは?

まずは、自分の直属の上司に相談をしましょう。
ちゃんと自分が辞める意思を伝え、辞めても残された人間の業務に支障が出ないよう。
しっかりと引継ぎ資料。引継ぎ作業のプランを相談しましょう。

その後、退職届を提出します。
実際に辞める時期は会社の規定などによって変わってきます。
有休消化や、退職まで時期をしっかりと確認しましょう。

■退職届の書き方(テンプレート

退職願

平成○○年○月○日
株式会社○○
代表取締役社長 ○○ ○○ 殿
○○部○○科
○○ ○○(名前)

私事、、
この度、一身上の都合により、来たる平成○○年○月○日を
持って、退職いたしますのでここにお届けいたします。

以上

■退職願の書き方(テンプレート

退職願

平成○○年○月○日
株式会社○○
代表取締役社長 ○○ ○○ 殿
○○部○○科
○○ ○○(名前)

私事、
この度、一身上の都合により、来たる平成○○年○月○日を
持って、退職いたしたくここにお願いを申し上げます。

以上

■提出

書き終えたら、白い封筒に入れ表に、退職願か退職届かを書き。

○○部○○科
名前

を縦書きで記入します。

以上が退職届提出までの流れとなります。

■最後に、転職求人サイトなどもしておきましょう。

これから、起業する人、転職で新しい会社が決まっている人
退職は様々な理由があるでしょう。

いざという時のために、転職求人サイトは必ず登録しておく事をおすすめします。

それでは、皆さんに素晴らしい人生が待っている事を願っています。