〇〇とは?という皆の疑問を解決します。

失業保険の金額、受け取り方、持ち物など

当ページでは、失業保険の受取方から、その具体的な金額。
持ち物や、ハローワークの場所などの情報を掲載しています。

■失業保険の金額

失業保険は、その退職理由によって金額が変化します。
具体的には自己退職か、会社都合かにより受給できる金額が変わってきます。

〇自己都合の場合

自分から、何らかの理由で退職した場合には
在職中における雇用保険の加入期間により算出されます。

雇用保険の加入期間が10年未満の場合:90日
雇用保険の10年以上20年未満の場合:120日
雇用保険の20年以上の場合:150日

〇会社都合の場合

会社の倒産や、解雇などでやむを得なく退職した場合には、
会社都合となり、以下の給付日数となっています。

・退職時の年齢が30歳未満の場合

雇用保険の5年未満の場合:90日
雇用保険の10年未満の場合:120日
雇用保険の20年未満の場合:180日
雇用保険の20年以上の場合:-

・退職時の年齢が35歳未満の場合

雇用保険の5年未満の場合:90日
雇用保険の10年未満の場合:180日
雇用保険の20年未満の場合:210日
雇用保険の20年以上の場合:240日

・退職時の年齢が45歳未満の場合

雇用保険の5年未満の場合:90日
雇用保険の10年未満の場合:180日
雇用保険の20年未満の場合:240日
雇用保険の20年以上の場合:270日

・退職時の年齢が60歳未満の場合

雇用保険の1年未満の場合:90日
雇用保険の5年未満の場合:180日
雇用保険の10年未満の場合:240日
雇用保険の20年未満の場合:270日
雇用保険の20年以上の場合:330日

・退職時の年齢が60歳以上の場合

雇用保険の1年未満の場合:90日
雇用保険の5年未満の場合:150日
雇用保険の10年未満の場合:180日
雇用保険の20年未満の場合:210日
雇用保険の20年以上の場合:240日




■失業保険の受け取り方

退職後、ハローワークで申請すると失業保険を受け取る事が出来ます。
ですが、誰でももらえるというわけではなく。
受け取るためには

・本人に再就職の意思があるか?
・離職までの2年間で被保険者の期間が12カ月以上あるか?
・就職活動を行っているか?

などの条件があります。

失業理由が、妊娠や、病気や怪我、専門学校への通学などで
すぐに働く事が出来ない場合には、失業と認められない場合があります。

■失業保険をハローワークで受け取る際の持ち物

ハローワークで、失業保険を申請するためには以下の持ち物が必要です。

・雇用保険被保険者離職票(-1、2)
・印鑑
・写真2枚
・個人番号確認書類
(マイナンバーカード、個人番号の記載のある住民票)
・本人確認証明書
(運転免許所、マイナンバーカード、年金手帳、公的医療保険の被保険者証)
・本人名義の普通預金通帳

■全国のハローワークの場所

ハローワークの場所は、厚生労働省のページにまとめられています。

http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


関連記事

カテゴリー