定期代の計算方法・お得に購入する方法

当ページでは毎月の定期代を安くする方法や、
これから通勤・通学のために定期を購入する方のために、定期代の計算方法を払い戻し方法を掲載しています。

■定期券は期間が長いほどお得?

定期券は、通常1カ月から購入できますが、
6カ月の定期だと割引額が多くなります。

例えば、新宿から渋谷の場合

1ヶ月 4,850円
3ヶ月 13,820円※1ヶ月より 730円割引
6ヶ月 23,260円※1ヶ月より 5840円割引

となります。

しかし、長期の定期の場合、紛失のリスクがあります。

そこで、JRの場合、SUICA定期で1500円(500円はデポジット)の手数料を支払うことで
再発行してもらえるサービスもあるのでそちらも検討しましょう。

■定期代を計算するには?

定期代は無料のサイトで調べる事が出来ます。
購入前に調べてみましょう。

・Navitime
https://www.navitime.co.jp/transfer/pass/

・ジョルダン
http://www.jorudan.co.jp/norikae/teiki.html

・ekitan
https://transit.ekita.com/pass

また、同じ定期代を支払うのであれば
同じ料金でより長距離の区間を探すほうが得です。

例えば

新宿から渋谷までの定期と、新宿から恵比寿までの定期は、
区間が1駅長いにも関わらず、値段は同じです。

コピーなどの提出の義務がない場合には、より長距離のものを選びましょう。

■JR東日本が提供する、ネットde定期

年度が替わる、3月末から4月初旬と、9月末10月初旬は窓口が混雑します。

最近では、JR東日本が提供するネットde定期といったサービスもあります。

・ネットde定期
http://www.jreast.co.jp/net-de-teiki/index.html#2

このサービスを利用すれば、以下の

通勤定期券
通学定期券
FREX(通勤用新幹線定期券)
FREXパル(通学用新幹線定期券)

が、オンラインで定期券を購入する事が出来ます。

申込みが完了してから、
定期券の利用開始日の当日までに
JR東日本の駅の指定席券売機、またはみどりの窓口で受取りができます。

また、Suica定期券、磁気定期券の2種類から選ぶことができます。

■クレジットカード機能付きのビューカードを利用する

クレジットカードに、Suicaの機能が付いたものなども存在します。
さらに、定期券の機能も付ける事が出来るので、1枚でショッピングから
通勤、通学。旅行までカバーをする事が出来ます。

1つにまとめるメリットもありますが、さらに特徴として
ポイントが貯まります。

また、オートチャージ機能もついているので、
チャージをしなくてもいいのもうれしいですね。

・ビューカード公式ページ
http://www.jreast.co.jp/card/function/teiki/index.html

■定期代の払い戻しに関して

・有効期限が1カ月以上ある場合
・使用後7日以内の場合※運営会社により異なる

場合には、各窓口で定期代の払い戻しが出来る場合があります。
計算方法としては

・有効期限が1カ月以上ある場合
払戻額=定期券運賃-(使用済月数×定期券運賃)-手数料220円

例えば、6ヶ月定期を5ヵ月使用の場合は、
6ヶ月定期運賃-(3ヵ月の定期運賃+1ヵ月の定期運賃×2)-手数料220円
がかかります。

・使用後7日以内の場合
払戻額=定期券運賃(経過した日数×往復普通運賃)-手数料220円