〇〇とは?という皆の疑問を解決します。

マイナンバーカードって?発行から紛失・盗難にあった場合

そもそもマイナンバーとは

・公平・公正な社会の実現
・行政の効率化
・国民の利便性の向上

を目的に作られた、日本国民一人一人が持つ個人番号です。
手続きをする事で様々な用途で使用できるマイナンバーカードを受け取る事ができます。

■マイナンバーカード発行手順

住民票の住所に、マイナンバー通知カードとともに届いた届いた個人番号カード申請書を使って郵送、もしくはインターネットで申請を行います。
その後、住民票の住所に交付通知書が届きます。

交付通知書を持って、期限までに以下のものをもって
交付通知書に書いてある、交付場所に向かいます。

・交付通知書
・マイナンバー通知カード
・本人確認書類
・住民基本台帳カード(所持している場合のみ)

上記を持っていない方も、健康保険証、年金手帳などでも申請が可能です。
また、代理人の交付も可能ですので事前に確認してください。

その後、窓口にて暗証番号を設定すると、カードが交付されます。

■マイナンバーカードで出来る事

マイナンバーカードは以下の用途で使用できます。

・個人番号を証明する書類(身分証)
・行政手続きのインターネットでの申請
・オンラインバンキングなどの取引
・市区町村、国が運営する様々なサービス
・コンビニなどで住民票・印鑑証明などの証明書を発行

といった事ができます。
つまり、民間・行政のインターネットサービスで使用でき、
行政のサービスを受けられ、住民票など、市役所や出張所まで取りにいかなければいけなかったものがコンビニで受け取れるようになります。

申請がまだの方はぜひ申請しましょう。





■マイナンバー通知カード・マイナンバーカードを紛失した場合

マイナンバー通知カードや、マイナンバーカードを紛失した場合でも
再発行が可能です。
紛失に気が付いたら、すぐに以下の手続きをしてください。

・警察署に遺失物届を出します。

これは、交番で提出が可能です。
その際、受領番号が発行されるので、この番号を必ず覚えておいてください。

・通知カード担当課・市民課で手続きを行う

市区町村の、通知カード担当課・市民課で再発行手続きを行ってください。

また、

・身分証明書(運転免許証、パスポート、保険証など)
・再発行手数料500円
・受理番号

が必要になります。
再発行手続きをすると、3,4週間でカードが再発行されます。

■マイナンバーを盗難、もしくは身分証などと同時に紛失した場合

マイナンバーの盗難や、免許書などの身分証明書と同時に紛失した場合には、
悪用を防ぐために番号の変更を申請する事ができます。
また、以下のコールセンターで一時停止申請もする事ができます。

個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル)
0570-783-578

・平日8時30分~20時00分
・土日祝9時30分~17時30分
(年末年始 12月29日~1月3日を除く。)

紛失に関しては、24時間受け付けていますので
紛失盗難に気が付いた場合にはすぐに対応しましょう。

その他、不明な点は以下の総合フリーダイヤルで相談してください。

マイナンバー総合フリーダイヤル
0120-95-0178

・平日9時30分~20時00分
・土日祝9時30分~17時30分
(年末年始 12月29日~1月3日を除く。)


関連記事

カテゴリー