婚姻届けの基礎知識 必要書類や提出先など

当ページでは、入籍の際に必要になる婚姻届けの基礎知識を紹介します。

■まずは婚姻届け用紙を手に入れよう。

お近くの市役所で、婚姻届けをもらう事が出来ます。
書類自体は24時間もらう事が可能です。
ですが、窓口業務時間内であれば担当から
書類の記入方法などわからない事が聞けるので、
営業時間内に行く事をおすすめします。

また、不備があったことも考えて3枚ほどもらっておくと安心です。

・ゼクシィで可愛いデザイン婚姻届けを手に入れる

ゼクシィなどでは、ピンクの可愛い婚姻届けを手に入れる事が出来ます。
せっかくの婚姻届けですから、可愛いデザインのものを選びたいですね。

他にも、市販されているデザイン婚姻届けもありますのでお好みのものを選びましょう。

■婚姻届けの記入方法

婚姻届に不備があると受理さませんので提出日が入籍日とならない可能性があります、
注意してください。

・届出日
基本的には届けた日が届け出日となります。

・指名
夫、妻。それぞれの旧姓を記入します。
戸籍が旧字体の方は、旧字にて記入します。
提出の際、新字に変更する事も可能です。

・生年月日
生年月日は西暦でも元号でもどちらでもOKです。

・住 所
住民票に書かれている、現住所と世帯主を記入します。
住所変更届を、婚姻届けと同時に提出する場合には、新住所と世帯主を記入します。
その場合は、妻の住所欄は「夫と同じ」で結構です。

・本 籍
それぞれの現在の本籍と、戸籍の一番先頭に記載されている人の使命を筆頭者の氏名として記入しましょう

・父母の氏名・父母との続き
父親の名前を記入するだけで大丈夫ですが、離婚などをしている場合には別姓でそれぞれ記入します。

続き柄は、自分が長男の場合、「長」と記入しますが、
次男の場合には「二」「2」「弐」と記入します。

・婚姻後の夫婦の氏・新本籍

婚姻後の夫婦の氏には、夫か妻のどちらの姓にするかをチェックします。
この際、選んだ氏が新戸籍の筆頭者になります。

新本籍は、遠方にしてしまうと結婚後に必要になった場合には不便になる場合があるので新居の住所、実家、本籍地などにする事をおすすめします。
すでに、離婚などで筆頭者になっている人を筆頭者にする場合、空白のままで結構です。
・同居を始めたとき
結婚式を挙げた日か、同居開始日。
どちらか早いほうを記入します。
どちらもまだの場合は空欄で結構です。

・夫婦の職業
役所の窓口に職業一覧表がありますので、
その中から選んで記入しましょう。

・届出人署名押印
夫、妻それぞれが旧姓で記入します。
この際、必ず本人が記入して、印鑑をそれぞれの姓の物で捺印します。
印鑑は、ゴム印は使用できません。

・連絡先
日中、連絡の取れる連絡先を記入します。

・証 人
20歳以上であれば、誰でも結構です。
欄外に、証人の印鑑で捨て印をします。

■婚姻届けの必要書類や、提出先

夫・妻の本籍地または住所地(所在地)の区役所に提出します。
提出は365日24時間受付をしてくれます。

提出者は、夫・妻のどちらか一人で結構です。
代理人を立てる事も可能ですが、もし訂正が必要な場合には訂正はできなくなりますので注意してください。

以下のものが必要になるので、事前に用意しましょう。

・記入された婚姻届け1通
・戸籍謄(抄)本
※本籍地でない役所に届ける場合
・印鑑(入籍前の名前の物)
・身分証明書

また

・デジカメ(記念用)

を持っていくと、提出記念日として一生の記念日に出来るのでオススメです。