円安・円高とは?

円安・円高とは?

皆さんは、円安・円高という言葉を見かける。
または、ニュースなどで聞く事はありませんでしょうか?
皆さんの生活に密接しているこの2つの言葉。
実は意外に理解していない方も多いかと思います。
当ぺージでは果たして、円高や円安になるとどういったメリットやデメリットがあるのか?など、円高・円安の基礎知識に関してわかりやすくまとめています。

■円高とは?

円高とは、日本円が他の通貨に比べ価値が上がっている状態の事。

つまり、1ドルが100円だったものが、1ドル90円となった場合で、
円高になると今まで海外から1個100円で買っていたリンゴが、90円で購入できるようになります。

これにより、トウモロコシ、小麦など、海外からの輸入に頼っている部分は有利になります。
また、海外旅行などもその国の通貨より日本円の価値が上がっている状態なので、割安で行けるようになります。

ただ、円高になった場合には、輸出の場合は今まで100円で売っていたものが、90円でしか売れなくなるので、輸出を行っている企業には不利になります。

日本の大企業は、輸出を行っているが多く存在するので、円高に傾いた場合には株価が下がる傾向があります。

■円安とは?

円安とは、円安とは逆で。
日本円の日本円が他の通貨に比べ価値が下がっている状態の事です。

つまり、今まで海外から1個100円で買っていたリンゴが、110円支払わないと購入できなくなります。

ただ、国内のものは海外に向けては高く売れる事になるので、自動車など輸出の割合が多い企業などには有利に働きます。

■円安・円高の基準。いくらが適正なのか?

ドル円はいくらが適正なのかという話題は、たびたび論じられていますが、
適正の数字というものはありません。

また、円がいくらだったら円高、という基準は存在しません。
今、1ドルが110円だった場合に、90円だったころから比べれば円安と言えますが、その昔をさかのぼると300円以上だったころもあるので、その頃から比べると円高ともいえるわけです。

過去からさかのぼると、以下のように大きく変動しています。

・1985年9月:1ドル240円
・1988年1月:1ドル120円
・1990年4月:1ドル160円
・1995年4月:1ドル80円
・1998年8月:1ドル147円
・2011年10月:1ドル75円
・2015年6月:1ドル125円